【隠れ家カフェ】ルンバ珈琲cafeRinonkaでプレートランチとスイーツ&珈琲(荒尾市牛水)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OMUTA VOGUE

皆さんこんにちは!キラキライターの幸森です。

本日のOMUTA VOGUEは、荒尾にひっそり佇む

ルンバ珈琲cafeRinonka

にお邪魔してきましたよ~。

美味しいランチ、幸せスイーツ、こだわり珈琲と盛りだくさん!

カフェ好きのあなたも、珈琲好きなあなたも必見のお店です。

リノベーション物件

Rinonkaさんは何年も空き家になっていた民家をリノベーションしたカフェ。

社会的に課題とされている空き家を活用する一つのモデルになればと、ご主人自ら手掛けられたそうです。

お店が住宅街の中にあって、ナビで向かうとかなり細い道を案内されてしまうので要注意!

県道389号線を南下したら長洲板金のある点滅信号を左折してくださいね。

▼右手は踏切。左手に向かいます。

img_0554

150mくらい進んだところに小さな赤い郵便ポストがあるのでそこを右折。

そこからさらに500mほど進むと神社の前に駐車場があります。

▼この神社の向かいが駐車場

img_0555

ここまできたらお店はもうすぐそこです!

▼駐車場に立てられている看板

img_0556

車を降りて、てくてく歩くと無事にお店を発見!

img_0559

パッと見た感じは民家そのままな外観。

img_0560

ドアの向こうにどんな空間が広がっているのか、ドキドキしちゃいますね。

img_0561

アートとアンティーク

店内はご主人が作るアート作品や、レトロ感満載な古道具などが並んでいます。

img_0611

外は少し気温が高かったものの、窓から入る風が心地よい店内。

広い空間を贅沢に使ってあり開放感たっぷり。

その中で過ごす時間は格別です。

ここで店内の写真をまとめてご紹介。

スライドショーには JavaScript が必要です。

アート作品を作ったり、古道具を取り扱ったり、リノベーションをしたりと多才なご主人。

2002年から珈琲の販売も行われていたそうです。

奥様が『いつかカフェをしたい』という夢を持たれていたこともあり、2年ほど前にRinonkaをオープン。

あえて立地の悪い場所を選び、そのメリットを最大限に活かされているのだとか。

優しいお料理たち

気になるランチメニューは3つ!

・パットガパオ

・タイカレー

・Rinonkaプレート

今回はRinonkaプレートをセレクト。

img_0592

契約農家のお米を鶏出汁で炊き、荒尾名産の乾海苔で巻いたおにぎり。

野菜のおかず。(この日はかぼちゃのグラタン)

鶏と野菜のヘルシーつくねあんかけ。

そしてスープがセット。

img_0590

ふんわり握られたおにぎりは、海苔の旨みを存分に味わえる絶妙な塩加減。

どこかコクを感じさせる味なのは鶏出汁で炊いてあるからこそでしょうか。

おかずが少なめかな?と思いましたが、ヘルシーながらにボリュームのあるつくねがお腹を満たしてくれます。

img_0586

美味しい食事に満たされたら、もちろんお決まりスイーツです。

ケーキも気になったのですが、以前から食べてみたいと思っていたレモンパフェをオーダー。

img_0579

女子は甘じょっぱいとか、甘酸っぱいとか、好きですよね。

えぇ、私も大好きです。

そんな私たち女子の心をわし掴みしちゃうようなレモンパフェ。

アイスと生クリームとレモンがぎっしり詰まっています。

さわやかで甘くて美味しくて幸せ。

そして締めにルンバカフェラテ!

深煎りのルンバ珈琲を更に濃くして、そこにたっぷりのミルクがスチームされています。

img_0575

珈琲の苦みとふんわりミルクがいいバランス。

ルンバ珈琲の『ニガクテ・オイシイ』というキャッチコピーの意味がわかるようなお味でした。

教えたいけど教えたくない

ショップカードにはこんなメッセージが。

 

のどかな風の中

ひっそりとした空間で

静かに流れる

格別な時間を

お過ごし下さい。

立地の悪さをメリットに変え、格別な時間を演出してくれるRinonka。

素敵なカフェがあるんだよ!って言いたいけど内緒にしておきたくなるような、そんなお店でした。

img_0596

ついのんびりしたくなるほっこり空間で頂く、どこかホッとするような優しいお料理。

食べ終わるころには幸せ気分があふれてきますよ。

ぜひ一度味わってみてくださいね。

img_0609

お店情報

店名:ルンバ珈琲cafeRinonka

所在地:熊本県荒尾市牛水302

電話番号:080-2724-2559

営業時間:11:30~17:00

定休日:水・木

FaceBook:https://www.facebook.com/Runbacoffee

 
The following two tabs change content below.
幸森 彩香
1985年宮崎県出身。地域の魅力を可視化するフリーライターとして活動中。言葉と肉と甘いものをこよなく愛する肉食系文学女子。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする