大牟田にオープンした『チャイナスタンド笑龍』で本格中華ランチ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、食べるの大好きキラキライターの幸森です。

ライターになってから友人知人にグルメ情報を尋ねられる機会が増えました。

目指せ歩くグルメ本!

そんな私が本日お届けするのは、銀座通り商店街に新しくオープンした中華料理店のグルメレポートです。

チャイナスタンド

笑 龍

以前阿部編集長と一緒にお店作りのDIYにも参加させて頂きました。

商店街のDIYリノベに参加してきました!3月上旬オープン予定「チャイナスタンド 笑龍」
どうも、大牟田ひとめぐり編集長の阿部です。 今回は! 【商店街でみんなでdiy】第2回:塗装ワークショップ@中華料理店 ...

どんなお店になっているのかわくわくしながら行ってきましたよ~!

オープンキッチン

店内は白を基調とした明るい雰囲気。

開放的なオープンキッチンがさらに明るく感じさせてくれます。

大きな中華鍋を豪快に振る姿を見ながら食べる中華はより一層美味しく感じそうですね。

奥には小上がり席もありました。

2種類のランチ

笑龍さんにはランチが2種類用意されています。

メインをたっぷり楽しみたい方にオススメの中華ランチと、前菜や飲茶まで色々楽しみたい方にオススメの笑龍ランチ!

どちらも中々のボリュームですが、足りない方はお料理の追加もできます。

ごはんをチャーハンに変更したり、ゴマダンゴを追加したりもできるそうですよ~!

笑龍ランチ

前菜も飲茶も食べたい私は笑龍ランチをオーダー。

そわそわしながら待っていると早速飲茶が運ばれてきました!

じゅわ~っと口の中で肉汁が溢れだす小籠包に、ぷりっぷりの海老餃子、甘みがつまった玉ねぎシューマイの3点盛です。

ほふほふと頬張っていたら、メインも登場!

前菜はくらげのサラダと棒棒鶏、そしてパイカという豚の軟骨料理です。

くらげサラダにはなま酢が入っていてパリパリっとした食感が楽しめます。

定番棒棒鶏は文句なしの美味しさです。

そして気になるのがパイカ!

こちらは単品でオーダーすることができないコースのみの特別なメニューとのこと。

圧力鍋で1時間ほど炊いた豚の軟骨を炙ってあります。

初めて食べるお料理だったのでドキドキしながら口に運んでみると・・・

表面は香ばしくカリっと焼けていて中はとろっとろ!!!

豚のうまみがこれでもかというくらい凝縮されているではありませんか。

病みつきになる美味しさでした!

ランチはどちらもメインが麻婆豆腐、酢豚、エビチリの三品から選べるようになっています。

私は麻婆豆腐をチョイスしました。

山椒が効いた本格四川麻婆。

香りがたまりませんね~。

早速いただきましょう!

山椒独特のピリッとした辛さはありますが、後は引きません。

いい塩梅です。

これはごはんがすすみますね~。

優しい味の卵スープとも相性抜群でした!

中華ランチ

カメラマンとして同行していた阿部編集長は中華ランチをオーダーしていました。

私が酢豚を食べたかったのでメインは強制的に酢豚。

油淋鶏の小鉢と具材たっぷりの酢豚!

こんな本格中華ランチが800円・・・?

コストパフォーマンス最強のランチです。

酢豚のお味に関して阿部編集長のコメントをいただきました。

「皿に残ったソース舐めたいぐらいウマイです。」

舐めないけど、その気持ちはものすごくわかる。

そんな美味しさでした。

カスタムがオススメ

最初に書いた通り笑龍さんのランチは2種類。

ですが、お料理を追加してカスタムメニューを作ることができるのです。

(追加できるのはメイン、ミニメイン、飲茶、ゴマダンゴ)

そこで歩くグルメ本の幸森が、オススメのカスタムメニューを考えてみました!

たっぷりメインと飲茶が楽しめる!

中華ランチ+飲茶

メインはたっぷり食べたいしデザートと珈琲も!

中華ランチ(珈琲チョイス)+ゴマダンゴ

ひたすらがっつり派です。

中華ランチ+メイン1品(or2品)

一気にメイン3品とも食べたい!

笑龍ランチ+ミニメイン2品

いかがでしょうか?

その日の気分やお腹の空き具合に合わせて楽しめそうですよね。

ぜひみなさんも、オリジナルのカスタムメニューを作って楽しんでくださいね!

お店情報

店名:チャイナスタンド笑龍

所在地:福岡県大牟田市本町1丁目2番地7

営業時間:11:30~14:00(OS)/17:30~21:30(OS)

定休日:火曜日

電話番号:0944-32-9494

「アットホームでありながら、本格的な中華を。」ご夫婦が描く理想のお店とは【柴尾俊之・郁花】
地元・大牟田の街中で、中華料理店「Chaina Stand 笑龍」の開業準備を進めている柴尾さんご夫婦。 これからどのようなお店づくり...

幸森彩香個人ブログ

Twitter

Follow @OMUTAVOGUE

Instagram

@aya19851206

 

The following two tabs change content below.
幸森 彩香
1985年宮崎県出身。地域の魅力を可視化するフリーライターとして活動中。言葉と肉と甘いものをこよなく愛する肉食系文学女子。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする