地域デザインの学校受講生が大牟田ひとめぐりをインタビュー調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、ライターの幸森です。

大牟田の夏、大蛇山が終わってしまいましたね。

迫力の大蛇山!一万人の総踊り『祇園六山巡行・競演・御止』の様子(2017年)
どうも大牟田ひとめぐり編集長の阿部です! 昨日の一万人の総踊り、祇園六山巡行・競演・御止は見に行きましたか? 行った方も、行...
取材を通して感じた大蛇山の魅力。おおむた「大蛇山」まつり2日目の様子
どうも、大牟田ひとめぐり編集長の阿部です。 約4ヶ月に渡る大蛇山の取材も本番で最後。 今回はおまつり2日目となる23日の様子...

関係者の皆さん今年もお疲れさまでした。

大蛇山は、地域の伝統を守り、受け継いでいく人々の熱い想いに触れることができる素晴らしいお祭りです。

地域にはこうしたキラキラ輝く宝物がたくさんあって、その魅力を伝えていくことこそローカルメディア「大牟田ひとめぐり」の大切な役割だと改めて思いました。

そんな私たち大牟田ひとめぐりの活動が、先日ご紹介した地域デザインの学校in大牟田のインタビュー調査対象としてピックアップされました!

地域デザインの学校in大牟田が開催!申込が6月16日まで延長!
みなさんこんにちは、ライターの幸森です。 私が地域活動に関わり初めてもうすぐ4年。 大変なこともあるけれど、関わってきて...

本日はそのインタビュー調査の様子をご紹介します。

地域デザインの学校とは

まずはおさらいです。

「地域デザインの学校」とは?

参加者同士で楽しく話し合いながら、大牟田の暮らしを豊かにする企画をつくり実際にやってみる市民講座です。

『地域デザインの学校』は、福岡市で超高齢化社会に関する事業を行っているNPO法人ドネルモが実施している事業です。

2014年からスタートし、これまでに福岡市内の6地域で開催されました。

大牟田では今回が初開催

大牟田講座は大牟田市長寿社会推進課が主催し、ドネルモがコーディネーターを務めています。

NPO法人ドネルモとは?

超高齢社会を見据え、一人ひとりの可能性が誰かと関わることでかたちになってゆく社会をつくることを目的としたNPO組織

6月25日の入学式からスタートし、8月26日の卒業式を目指して30名の受講生が奮闘中です!

6月25日(日) 第一回 入学式

7月1日(土)   第二回 話し合いのやり方講座

7月15日(土) 第三回 ご近所インタビュー

7月29日(土) 第四回 仲間づくり

8月12日(土) 第五回 企画のビジョンを練る

8月26日(土) 第六回 卒業式(企画発表&意見交換会)

※各回午前11時~午後4時

今回ご紹介するのは第三回講座のご近所インタビュー

地域で活動している人たちのことを知るために、インタビュー調査が行われました。

様々な方たちがインタビュー対象となっている中、大牟田ひとめぐりにも2名の受講生がやってきてくれましたよー。

ひとめぐりオフィスへ

大牟田ひとめぐり、実は最近まちなかにオフィスを構えました。

以前ご紹介したプリザーブドフラワーのお店hanakoさんの一角をお借りしています。

大牟田の花屋【色彩屋hanako】プリザーブドフラワーを使った特別感のあるプレゼント
みなさんこんにちは、キラキライターの幸森です。 本日はお花屋さん特集第二弾! 可愛すぎるプリザーブドフラワーが並ぶ ...

というわけで、見学も含めて受講生のお二人にはオフィスへお越しいただきました。

 盛り沢山のインタビュー

まずは阿部編集長と一緒に「ひとめぐりとは何ぞや?」というお話を。

その後は活動に関する具体的な質問にお答えしていきました。

和やかにわいわいと盛り上がったり、熱い話をしたり、あっという間に時間が経過。

盛り沢山のインタビューでした!

インタビュー内容をお二人がまとめてくれた資料がこちら。

スライドショーには JavaScript が必要です。

お二人が何かを始めるヒントを掴んでくれたのであれば嬉しいです。

発表会は8月26日!

インタビュー後に講座の会場となっている「えるる」を覗いてきました。

第4回講座の仲間づくりに向けて、どんなことに取り組みたいのか真剣に考える受講生のみなさん。

考えたことをグループ内で発表し、周囲の意見を聞きながらさらに考えを深めていました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

第4回では一緒に取り組む仲間を見つけ、第5回で企画を練り、最終回である第6回は発表会が行われます。

一体どんな企画が生まれるのか、今から楽しみですね~。

地域に関わるということ

自分のまちをよくしたいという気持ちは、きっと大なり小なりみんなが抱いているもの。

大牟田にはその気持ちをすでに行動に移している人も多く、様々な活動が行われています。

そして地域デザインの学校受講生のみなさんはきっと、そんな大牟田で自分が担っていく役割とは何なのかを探っていることでしょう。

卒業後それぞれの想いのもとで新たな活動を生み出していくはずです。

地域の中で物事を動かしていくには、そこに暮らす人々の声を聞き、想いに寄り添い、丁寧に一つずつ進めていかなければなりません。

それはまるで10年20年先を見据えて種まきをしていくような感覚。

地域に関わるって本当に大変なんです。

だけど本当に楽しいから、やめられない。

見たこともないような景色を見られたり、かけがえのない仲間に出会えたり、数え切れないほどの喜びがそこにはあります。

受講生のみなさんもきっとこれから沢山の喜びに出会っていくのでしょう。

私は今後もその姿を追っていきたいと思います。

そして記事を通して読者のみなさんにもお伝えしますのでお楽しみに!

地域に関わる人が増えれば、その分視点が増え、まちの中に様々なアイディアが溢れるはず。

大牟田の未来がさらに素敵になりそうですね。

幸森彩香個人ブログ

Twitter

Follow @aya19851206

Instagram

@aya19851206

【おすすめ記事】

大牟田の花屋【色彩屋hanako】プリザーブドフラワーを使った特別感のあるプレゼント
みなさんこんにちは、キラキライターの幸森です。 本日はお花屋さん特集第二弾! 可愛すぎるプリザーブドフラワーが並ぶ ...
【手鎌整骨院】大牟田のほっこり系整骨院『五感で治すお手伝いを』
みなさんこんにちは、ライターの幸森です。 毎日いいお天気で脳内にお花が咲きそうです。 お仕事がんばります。 本日ご...

キラキラ大人女子による大牟田の情報発信で大牟田の「流行」を。

 
 
 
The following two tabs change content below.
幸森 彩香
1985年宮崎県出身。地域の魅力を可視化するフリーライターとして活動中。言葉と肉と甘いものをこよなく愛する肉食系文学女子。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする