【ハレノヒ食堂】自家製無農薬野菜のこだわりランチ(荒尾市金山)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OMUTA VOGUE

みなさんこんにちは!

今日も元気なキラキライター幸森です。

先日ひとめぐりに改めて掲載をして頂きましたっ。

「子供達が夢を持てる街に」地域活動に取り組まれる幸森彩香さんの原動力とは。

これ結構恥ずかしいですね(笑)

でも嬉しい!

阿部編集長ありがとうございました~!

さて8月3日、本日のOMUTA VOGUEは荒尾市にある

ハレノヒ食堂

にお邪魔しました!

新鮮な無農薬野菜がたっぷり食べられる幸せ空間でしたよ~。

初めてのハレノヒ食堂

うだるような暑さの中、美味しい食事を求めて荒尾へ。

『素敵なお店がある』という噂はずっと聞いていたのですが、今回初訪問。

大牟田からまっすぐ一本道だったので迷わず着きました。

image

小さくて可愛い店構え。

早速お邪魔しましょう。

image

扉を開けるとすぐに4人掛けのテーブルが一つ。

▼入口左手のテーブル

image

正面にはカウンター席。

▼雰囲気のあるカウンター席

image

右手には4人掛けのテーブルがもう一つ。

▼右手奥のテーブル

image

人気のお店で席数も多くないので、予約して行くのがオススメです。

こだわりの自家製無農薬野菜

メニュー構成は至ってシンプル。

▼ハレノヒごはんと名付けられたメニュー

image

▼キッズメニューもありました

image

ハレノヒ食堂さんの一番のウリはなんと言っても自家製の新鮮お野菜。

その日採れたお野菜を一番美味しく食べられる調理法で提供されています。

『それが一番のごちそうですから』

とオーナーさん。

だからこそあえて、手の込んだ料理ではなく素材を活かした料理にこだわっているそうです。

小麦粉も無農薬、化学調味料不使用、有精卵を使用するという徹底ぶり。

さらにお米は無農薬酵素玄米。

パンにも練りこまれています。

▼サラダランチ

image

▼サラダランチ副菜

image

▼カレーランチ

ハレノヒ

愛情をこめて育てられたお野菜の数々。

基本的にお料理はお野菜が採れた分だけ。

それによって一日の中でもメニューを変更しながら提供されています。

畑の状況によってはやむを得ず不足分の野菜を買い足すこともあるそうですが、その際にも無農薬でなるべく地元産のものを選ぶようにしているとのこと。

優しいデザート

オーナーさんのこだわりは食後にも。

ほっこりするような身体に優しい自家製デザートと自家製ミントティー。

▼豆腐とイチジクとくるみのヴィーガンマフィン

image

※ヴィーガン料理・・・乳製品、はちみつ等動物由来の成分を含まない料理

▼梅とブルーベリーの寒天と自家製ミントティー

ハレノヒ

デザートにも素材の味がしっかり活かされています。

オーナーさんの温かい人柄が表れているような優しい味でした。

緩やかで穏やかな空間

初めて訪れたハレノヒ食堂。

どこを切り取っても素敵な絵になる空間。

こだわりと愛情が込められたお料理。

優しさがにじみ出ているオーナーさん。

ゆったりと時間が流れていて、とても居心地の良い場所でした。

▼お仕事中のオーナーさん

image

大切な人と心安らぐ時間を過ごしたくなる、そんなお店。

皆さんもぜひ一度訪れてみてくださいね。

image

お店情報

店名:ハレノヒ食堂

所在地:熊本県荒尾市金山1196-1

電話番号:0968-68-7313

営業時間:11時~17時

定休日:日、月、火

駐車場:10台

キッズメニュー:有

ライター幸森のTwitterでは未公開写真や取材裏話をつぶやき中♪

フォローしてくださいね♡

Follow @OMUTAVOGUE

 

The following two tabs change content below.
幸森 彩香
1985年宮崎県出身。地域の魅力を可視化するフリーライターとして活動中。言葉と肉と甘いものをこよなく愛する肉食系文学女子。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする