【大牟田世界遺産グルメ】くろちゃん饅頭 総本家黒田家

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大牟田の世界遺産を記念したグルメ取材の第6弾になります。

今回は「くろちゃん饅頭」を販売されている総本家黒田家さんにお邪魔しました

大牟田市の草木にある本店へ

外観

総本家黒田家

総本家黒田家

くろちゃん饅頭

くろちゃん饅頭 パッケージ

世界遺産にちなんだパッケージ

くろちゃん饅頭

世界遺産を見に来た人たちに

”おいしさ”

でのおもてなしを

そんな想いから生まれた世界遺産登録記念菓「くろちゃん饅頭

口にすると、しっとりとしたこしあんに

それを包むほんのり甘い黒糖生地。

口の中であんと皮が一緒にとける

なめらかな舌触りの蒸し饅頭。

百周年をむかえた黒田家さんの技が光る一品です。

くろちゃん饅頭の名前の由来

「くろちゃん饅頭」の名前は公募で決まったもの。

黒くて可愛らしい見た目と、

長年にわたってお客さんに親しまれてきた

黒田家さんへの愛情を表すネーミングです。

炭坑の歴史を大切にしたい

黒田剛

三代目の黒田剛さん

炭坑の歴史を大切にしたい

と語られ、

くろちゃん饅頭の売上の1箱あたり5円を

産業遺産保存活用資金として寄付されています。

四季折々のお菓子を販売

黒田家さんでは、四季折々のお菓子をシーズン毎に販売されています。

期間限定のお菓子は要チェックです!

大牟田で世界遺産を見た後は、黒田家さんで大牟田の歴史とお菓子を味わってみたはいかがですか?

草木饅頭 総本家 黒田家 本店

営業時間:午前7時〜午後8時

住所:福岡県大牟田市草木1036

TEL;0944-51-5555

HP:http://www.souhonke-kurodaya.com/

The following two tabs change content below.
『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年佐賀生まれ。 近畿大学卒、IT系ベンチャー企業を経て、大牟田市地域おこし協力隊に。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする