令和元年度おおむた『大蛇山』まつり特集企画に関するお願い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ライターの幸森です。

もうすぐ大牟田が一年で一番熱くなる日『大蛇山まつり』が行われますね。

今年も大牟田ひとめぐりでは、特集を組んで大蛇山まつりを追いかけようと思っています。

そこで本日は読者の皆さまにご協力のお願いです。

スポンサーリンク
Sponsords Link




令和元年の大蛇山特集テーマ

昨年、大蛇山に携わる若い人にスポットを当てたいと思い、六山事業推進部部長の岡田則彦さん(取材当時32歳)にお話を伺いました。

【六山事業推進部部長】32歳の岡田則彦さんが大蛇山に携わり続ける理由とは
みなさんこんにちは、ライターの幸森です。 先日ご紹介した製作途中の大蛇山はもう見に行かれましたか? 夏祭りまであとわ...

それをきっかけに、平成三十年大蛇山特集をスタートさせ、締めくくりには岡田さんが普段活動されている二区祇園會への密着取材を敢行。

読んで下さった多くの方々から、大きな反響を頂く特集となりました。

【平成三十年大蛇山特集】密着取材で二区祇園會が見せてくれた強さと優しさ
みなさんこんにちは、ライターの幸森です。 『大蛇山ってどんなお祭り?』 こう尋ねられたらみなさんはどう答えますか? ...

この取材が終わったときからずっと頭にあったのは、次の大蛇山特集をどうするかということ。

約1年かけてあぁでもないこうでもないと悩みぬき、今年の大蛇山まつりまであと1ヶ月となった今、ようやく今年のテーマを決めることができました。

令和元年度おおむた『大蛇山』まつり特集企画のテーマはこちら!

おおむた『大蛇山』まつりを支える人たち

港まつりから始まって8月の花火大会まで、おおむた『大蛇山』まつりには様々な催しが予定されています。

これらが毎年滞りなく遂行されるのは、それを支える多くの人たちがいてくれるから。

二区祇園會への密着中にも、ひとつの山の中に様々な役割を持つ人がいて、一人ひとりが自分の役割を全うしているからこそ祭りが成り立っていることを実感しました。

普段スポットライトを浴びることはそう多くないであろう、縁の下の力持ちたち。

そんな彼らに今年はスポットを当てて特集を組めればと思っています。

お願いその1【取材対象者を探しています】

宮崎生まれ、大牟田育ちの私は、大蛇山に関する団体などにはこれまで一度も所属したことがありません。

そのため、おおむた『大蛇山』まつりに携わる人をそう多く知らないのです。

今回はできる限り取材対象の枠を広げたいと考えていて、祭りに出掛ける側からは知りえないような役割を担う方にもお話を伺いたいと思っています。

そこで、自薦他薦問わず取材対象者にオススメな方を募集します!

所属先や担われている役割は問いません。

7月13日~8月11日の期間中に開催される、おおむた『大蛇山』まつりに携わっている縁の下の力持ちを教えてください。

『大蛇山まつりでのこの人の働きを知ってほしい!』

『この人は大蛇山まつりに欠かせない!』

『うちの山にはこんな役割の人がいるよ!』

思い当たる方がいらっしゃいましたら、下記の内容を記載の上、お問い合わせページより情報をお寄せください。

・自薦か他薦か

・所属先及び担当

・役割の概要

・推薦者の連絡先(電話番号・メールアドレス)

・推薦理由

お問い合わせ
大牟田ひとめぐりでは皆さまからの情報提供、ご意見・ご要望をお待ちしております。 読み込んでいます...

※ご推薦頂いた全ての方を取り上げられない可能性があります。

特集の構成バランスなどを配慮した上で、取材を依頼させて頂く方のみご連絡させて頂きますのでご了承下さい。

お願いその2【フレンドファンディングを実施します】

特集を組むにあたって、これから約2ヶ月間は大蛇山の取材に集中していくことになります。

人手がそう多くない大牟田ひとめぐりでは、その間は主たる収入源となっている広告事業を受注することができず、運営費用の捻出が非常に難しい状況です。

しかしながら、充実した魅力あるコンテンツとして記事を配信するためには、どうしても安定した運営費用が必要となります。

そこで皆さんにお願いしたいのが、フレンドファンディングによる支援です。

※フレンドファンディングとは…SNSなどを通じて身近な繋がりの中で支援金を集められる仕組み。

大牟田、そして大蛇山を愛する皆さん、ぜひこの企画を応援して頂けないでしょうか。

今回、支援金額を1,000円からに設定させて頂きました。

ご支援頂いた方にはお返しとして、今年度の大蛇山まつりでの写真を使用したオリジナルのポストカードを送付させて頂きたいと考えています。

また、複数口ご支援頂ける方へは別途記事へお名前を掲載させて頂きます。

・10口(10,000円)

令和元年度大蛇山特集の全記事・下部にスポンサーとしてお名前(もしくは企業名・団体名)を掲載いたします。

・30口(30,000円)

令和元年度大蛇山特集の全記事・上部(導入文直下)にスポンサーとしてお名前(もしくは企業名・団体名)を掲載いたします。

※どちらもURLのリンク貼り付け可能

令和元年度おおむた『大蛇山』まつり特集企画を応援する

多くの方にご支援頂ければ、その分特集に割ける時間が増え、充実したコンテンツをお届けできます。

運営費用が捻出できない場合には、特集の本数を減らすなどの対応を取らなければなりません。

今年も読者の皆さまはもとより、取材を受けて下さった方にも喜んで頂けるような素敵な特集にしたいと思っていますので、ぜひとも皆さまにご支援を賜りますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
幸森 彩香
1985年宮崎県出身。地域の魅力を可視化するフリーライターとして活動中。言葉と肉と甘いものをこよなく愛する肉食系文学女子。produced by OmutaTwinkles
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする