【東京パラリンピックがゴールじゃなく、次の起爆剤に】〜あなたにもっと伝えたいことがある〜 川野さん&浦田さん講演会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、大牟田ひとめぐり編集長の阿部です。

先日、リオパラリンピックに出場された川野将太さん(大牟田出身)と浦田理恵さん(南関町出身)による講演会が開催されました。

リオパラリンピックに出場された川野将太さん(大牟田出身)と浦田理恵さん(南関町出身)による講演会が開催
どうも、大牟田ひとめぐり編集長の阿部です。 今回はリオパラリンピックに出場されたお二人による講演会のご紹介。 お互いを思いや...

川野さんは大牟田のご出身、浦田さんは近くの南関町出身。

リオ・パラリンピックに出場されているアスリートのお二人。

実際に講演会に参加してきました。

スポンサーリンク
Sponsords Link




 ご自身の障害、そして壁を乗り越えるまで

お二人のプロフィール

川野将太さん

福岡県大牟田市出身。

17歳の時、交通事故で頸椎(けいつい)を損傷し、胸から下と手指がまひ。入院中の総合せき損センター(飯塚市)で車いすテニスを知り、20歳を過ぎて車いすテニスのクァード(四肢まひ)クラスで競技をスタート。

◆競技成績など

ロンドンパラリンピック ダブルス4位

リオパラリンピック シングルスベスト16、ダブルスベスト8

現在、世界ランキング13位。

浦田理恵さん

熊本県南関町出身。

教師を目指していた20歳の時に急激に視力が低下し、「網膜色素変性症」と判明。現在は、左目の視力はなく、右目の視野も95%欠損しており、強いコントラストのものしか判断できない。26歳の時、ゴールボールに出会い、競技をスタート。

◆競技成績など

北京パラリンピック 7位

ロンドンパラリンピック 金メダル

リオパラリンピックでは、チームの主将として活躍。

川野さんと浦田さんはシーズアスリートに所属されており、午前中仕事、午後からトレーニングをされています。

▼当日はリオ・パラリンピックの時のジャージで登場

ご自身の障害についてお話をしてくださいました。

司会の方から、

「障害を最初から受け入れられた?」

という質問について、

川野さん:

医者にもう二度と歩けないと言われて、理解はできたけど、信じたくなかった。

リハビリを頑張ってもどうにもならなくて、絶望的だった。

浦田さん:

最初は周りに言えなかった。

「できなくなっていく=自分が劣っている。」

と思い、受け入れられなかった。

周りの目を気にしていて、

「見えない=コンプレックス」でした。

お二人とも、最初は受け入れることができなかったそうです。

そのお二人が壁を乗り越えたきっかけは何だったのでしょうか?

川野さん:

家族・友達が変わらずに接してくれて、前と変わらない場所に遊びに連れ出してくれた。

楽しくなって、家に帰らなくなってしまった時期もありました笑。

浦田さん:

家族に自分の病気のことを伝えた時に、

「福岡で、できることを続けて!」

と励ましてくれて、サポートしてもらえた。

自分の人生だから、親や友達がずっとサポートしてくれるわけじゃないと気付けたことで、自立する決意ができました。

周囲の方々の支え。

そして、ご本人の決意で壁を乗り越えていらっしゃいます。

 
辛い時期を乗り越えて、リオのジャージを着るまでに

お二人がスポーツと出会ったきっかけは何だったのでしょう。

川野さん:

せき損センター(飯塚)に入院している時に、車いすの選手が練習していたのを見て知りました。

その頃には普通の生活に慣れていて、何をしようかなと思っていた時期でした。

それなら、スポーツが好きだし、あの時に見たテニスをやってみようと。

浦田さん:

何かしないといけないとは思ったけど、どうしていいかわかりませんでした。

見えなくても何ができるかなと。身の回りの人で、目が見えない人がいなくて、自分だけだと思っていましたが、病院に行ったらたくさんいらっしゃいました。

その時の先生から、

「見えなくなって出来ないことでなくて、できることを数えてごらん。人生めっちゃ楽しくなるよ。」

その言葉がすんなり入りました。

手も足も動くし使えるものはたくさんある。自分の限界を作っていたのは、自分なんだと。

訓練学校で、できることを重ねて自信をつけてスポーツにも挑戦するようになりました。

 東京パラリンピックに向けて

東京へ向けての意気込みをお二人が話されました。

川野さん

ロンドン、リオと悔しい思いをしたので次の東京では結果を残したい。

まだ障害者スポーツを見たことない方がいると思うので、ぜひ生で競技を見てほしいですね。

浦田さん:

ゴールボールと出会い気づいたことは、

見えなくなった、試合に負けた、などの悔しい思いは大きく成長し、感動できることにつながる。

ゴールボールをたくさんの人に知ってもらって、一緒に一体感を感じながら応援してほしいです。

東京大会で終わりじゃなくて、これから次につながる起爆剤にしていきたいです。

そのことが次世代の選手への応援になります。

2020年にオリンピック・パラリンピックが東京で開催されるということで、注目が集まっています。

東京大会で終わりではなく、障害者スポーツにより関心が集まるきっかけになるようにしていきたいですね。

ぜひ皆さんも生で競技を観戦されてみてください。

The following two tabs change content below.
阿部 将英
フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、元大牟田市地域おこし協力隊。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする