地域の資源を活かした商品開発に取り組む「和水町地域雇用創造協議会」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、大牟田ひとめぐり編集長の阿部です。

今回は、大牟田の近隣地域である「和水町」で

セミナーの開催や商品開発に取り組まれている

和水町地域雇用創造協議会

さんに取材に行ってきました!

どのような取り組みをされているのでしょうか。

スポンサーリンク
Sponsords Link




まっぽしなごみ

私たち和水町地域雇用創造協議会は、

「和水町にまっぽし(真っ星)ハマる仕事を作る!」を合言葉に、

セミナーの開催や商品開発などを行っています。

http://nagomi-ryohin.jp/

これまで2年9ヶ月の間で、約20種類(!)もの商品開発に取り組まれています。

▼和水町地域雇用創造協議会の皆さん

ストーリー性のあるものを

商品開発において重要にされていることは、

”ストーリー性のあるものを”

原材料は和水町と関わりのあるものを使用し、

他の特産物との差別化を図っていらっしゃいます。

これまで商品開発に取り組まれた商品を一部ご紹介。

▼荒廃竹林の竹を使用したスケボー

▼なごみパン

和水町にある江田船山古墳<前方後円墳>をモチーフに

古代の香りをイメージした、古墳の形のパンになっています。

古墳をモチーフにされているということで、古代米を使用。

集大成となる展示会

和水町地域雇用創造協議会としての活動は、今月で終了になるそうです。

これまでの集大成となる展示会に出展されます。

地域で雇用を生むことの難しさはありますが、

様々なことに取り組まれてきた和水町地域雇用創造協議会さん。

大牟田だけでなく、様々な地域での活動の参考になるのではないでしょうか。

各地域の特色を活かした取り組みが、より出てくるのが楽しみです。

和水町地域雇用創造協議会

http://nagomi-ryohin.jp/

Facebookページ

The following two tabs change content below.
阿部 将英
フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、元大牟田市地域おこし協力隊。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする