「アットホームでありながら、本格的な中華を。」ご夫婦が描く理想のお店とは【柴尾俊之・郁花】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元・大牟田の街中で、中華料理店「Chaina Stand 笑龍」の開業準備を進めている柴尾さんご夫婦。

これからどのようなお店づくりを進めていくのか、お話をお伺いしました。

プロフィール:

柴尾俊之さん

大牟田出身。オームタガーデンホテル8年、セキアホテル8年で勤務。

2年間の小郡の調理専門学校の講師を経て、
その後、福岡市、久留米市、基山町の中華料理店で店長を務める。

柴尾郁花さん

高田町出身。調理専門学校を卒業後、オームタガーデンホテルで勤務。

その後、カフェ開店の勉強のために珈琲店などの経験。

スポンサーリンク
Sponsords Link




本物の中華を知った衝撃

-料理人を目指すきっかけは何だったんですか?

柴尾俊之さん(以下:俊)

昔TVで流行った”料理の鉄人”を見たことがきっかけでした。

ホテルで勤務している時に、ディナーショーで本当の料理の鉄人に会うことができたのは嬉しかったです。

料理のサポートもさせていただいて、それまでいろんな中華を食べていましたが、

本物を食べて衝撃でした。

こんなにも違うのかと。

新しいことに挑戦して気づいた”作りたい”という願望

-その後専門学校で講師も務められたのですね。

俊:

そうですね。

専門学校の講師をやってみないか、というお話を頂いた時に

やってみたいという気持ちになりました。

元々職場でレシピを作って後輩に教えていたりして、自然と先生みたいなことをしていました。

そういう風に教えていくことに抵抗がなかったし、いろんなことにチャレンジすることが好きだからできたのかなと。

-元々教えたりされていたんですね。

俊:

専門学校では、担任も持たせてもらいました。

先生は教えるだけでなく、業務がとても幅広かったです。

様々なことを経験させていただく中で、”作りたい”という願望が出てきました。

本来やりたかった二人規模のお店

-お店を始めようと思ったきっかけは何だったんですか?

俊:

二人でお店をしたいと思っていて、やるなら地元に戻ってやりたいという気持ちがありました。

本来やりたかった二人規模のお店。

-郁花さんも元々お店をしたい思われてたんですか?

郁花さん(以下:郁)

中華とは違うジャンルでしたが、お店をしたいと思って勉強していました。

▼改装作業をされているお二人

-大牟田でやろうと思ったきっかけはありましたか?

俊:

大牟田の街中で、街歩きのイベントがあり参加した時に、

大牟田で頑張っている方がいるのを知りました。

ちょうど、田中さんtrattoria nido(トラットリアニド) がオープンする前くらいでした。

その時に物件を見て、

店舗の大きさや立地、アーケードや神社があることなど、

自分たちに響くものがあって、大牟田の街中でやろうと決めました。

▼準備を進めているお店のチラシ

アットホームでありながら、本格的な中華を。

-どのようなお店づくりをされているんですか?

俊:

子供からお年寄りの方まで、

”本格的だけど、気軽に来れるような”お店づくりをしています。

毎日でも食べれるような身体に優しい料理を。

作っている中華料理は、四川料理と言って

エビチリや麻婆豆腐など、メリハリのついた味の料理です。

-郁花さんはどういったお店に?

郁:

カジュアルなお店にしたいです。

二人でやってるお店が、たまたま中華だった

というお店に。

お互いが話し合って、納得していければいいお店になるのかなと思いますね。

中華を食べたことがない人に来て欲しい

-今まさに準備の真っ最中だと思いますが、正直なお気持ちはいかがですか?

俊:

ワクワクしますね。焦りもありますが、早くしたいです。

-どういった方に来て欲しいですか?

俊:

”中華を食べたことない人”
”地元じゃ食べたことない人”

にぜひ来て欲しいですね。

食べに来てくださる方の意見を取り入れつつ、変えていきたいと思っています。

以前働いていたお店で高齢者の方が、

”初めて中華食べれました”という意見もあり、嬉しかったです。

地元大牟田は食のレベルが高いので、不安もありますが楽しみも大きいです。

いろんな縁があり、力を分けてもらったからこそ今があるので、みなさんに感謝しています。

-お店のオープンが楽しみです。お忙しい中、ありがとうございました。

取材を終えて

一つ一つの質問に丁寧に答えてくださった柴尾さんご夫婦。

以前お店の改装DIYに参加させていただき、多くの人が参加されていました。

多くの人が参加されていたのは、柴尾さんご夫婦のお人柄なのだなと取材を通じて感じました。

これからご夫婦で作り上げていくお店。どういった空間になっていくのか楽しみですね。

「China Stand 笑龍」の情報はこちらからチェックしてみてください。

facebookページ

The following two tabs change content below.
阿部 将英
フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、元大牟田市地域おこし協力隊。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする