大牟田のシャッターをアートに!シャッターアートをきっかけに大牟田を盛り上げたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、大牟田ひとめぐり編集長の阿部です。

大牟田の大正町にある『鹿らしか』さんのシャッターに大きなアートが描かれています。

このアートを描いたのは、以前も取材をさせていただいた大牟田ご出身の『博多 ポチ丸』さん!

「シャッターアートをきっかけに大牟田を盛り上げたい」と話す博多 ポチ丸さんにお話をお伺いしてきました。

スポンサーリンク
Sponsords Link




シャッターアート

博多 ポチ丸さんが描かれたシャッターアートのある「鹿らしか」さんの場所はこちら。

遠くからでもわかるアートがシャッターに描かれています。

店名の「鹿らしか」から、鹿の絵をデザインされています。

大牟田を盛り上げていきたい 

▼制作途中の博多 ポチ丸さん

エラブラシを使って描かれます。

-今回このアートを描いたきっかけはなんだったんですか?

博多 ポチ丸さん:

シャッターアートをきっかけにして、大牟田に来てもらいたいと思い、シャッターアートを描きました。

大牟田の飲食のレベルは高いので、シャッターアートをきっかけに多くの人に大牟田へ足を運んでもらいたいです。

-お店のシャッターにアートが描いてあると、お店を覚えるきっかけにもなりますね。

博多 ポチ丸さん:

このシャッターアートをきっかけに、中高生たちがエアブラシアートを知ってくれると嬉しいですね。

エアブラシアートは落書きと思われている方もいるので、そのイメージを払拭するためにも、もっとアートで食べていけるんだということを伝えていきたいです。

そのためのきっかけとしてのシャッターアート。

大牟田には熱い人が多いので、アートで広めていきたいです。

-本日はお忙しい中、ありがとうございました。

きっかけとしてのシャッターアート

今後は、より多くのお店でシャッターアートを描いていきたいと話されていた博多 ポチ丸さん。

このような動きが大牟田で広まっていくと、街全体が盛り上がっていきますね!

これからの活動が楽しみです!

The following two tabs change content below.
阿部 将英
フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、元大牟田市地域おこし協力隊。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする