『東北を灯そうプロジェクト』竹あかり制作ワークショップ@homey 2月21日(日)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12745538_1977107795848011_5437695924051790047_n

竹あかり制作ワークショップが@homeyで2月21日(日)に開催されます。

今回のイベントは

「みんなで作った竹あかり」

『大牟田から被災地に届ける』

プロジェクトです。

スポンサーリンク
Sponsords Link




『東北を灯そうプロジェクト』について

今回のプロジェクトは、宮城県山元町の岩佐さんと竹あかり演出をされている「ちかけん」さんとの出会いから始まったそうです。

本企画は山元町在住の岩佐勝太氏と「ちかけん」の出会いから始まった。

勝太氏の「山元町を明るくしたい」との思いに集約されている。

そのため「ちかけん」を中心とした全国の有志が集まり、5年目となる3月11日には山元町追悼式典へ出席し、また毎年地元有志による「追悼の竹灯ろう」へ、全国へ制作された「竹あかり」を提供し、ともに鎮魂の祈りを捧げる。

全国で制作された「竹あかり」を山元町に集めて、鎮魂の祈りを捧げます。

そのプロジェクトの一環で、大牟田で作った「竹あかり」を山元町へ持って行ってくれます。

0001

0002

「ちかけん」について

ちかけん

 竹あかり演出家、池田親生(いけだちかお)・三城賢士(みしろけんし)により、崇城大学工学部建築学科内丸研究室で学んだ「まつり型まちづくり」をベースに、2007年4月、「人と人・人とまち・人と自然」を繋ぐ「竹あかり」の演出制作・プロデュース「CHIKAKEN〈ちかけん〉」を設立。熊本を拠点に活動中。 全国各地にて新たな日本の文化にすべく「竹あかりの魅力」を伝え、制作指導とともに、まちづくり活動を行っている。2012年10月、「CHIKAKEN」のものづくりへの想いと、作品をより多くの人に発信するために、「株式会社ちかけんプロダクツ」を設立。想いの竹セットやランプシェードなど、「竹あかり」を気軽に体験でき、たくさんの人々にあかりを届けられるようプロモーションしている。
 最近の演出では、東京・明治記念館、日本橋・COREDO室町のイルミネーションなど多数。日本テレビ・未来シアターにも取り上げられ注目を集めている。

会社概要

全国的に活躍されている「ちかけん」さん

12528596_917112261735518_1639557322_o

先日開催した竹あかり制作のメンバーと「ちかけん」の池田さんで一緒に撮影

大牟田で活動されている「竹と人」さんと「ちかけん」さんとのビックプロジェクトになります。

21日のイベントについて

日時:平成28年2月21日(日)

12時〜16時 入場無料

場所:homey

福岡県大牟田市本町1丁目5ー19

番号:0944ー52ー1400

注意事項:作成の際、保護具を着用して頂きますようお願いします。
また、万が一怪我をされた場合、主催者側は一切責任を負いませんのでご了承下さい。自己責任でよろしくお願いします。

先日の竹あかり制作の様子はこちら

「震災を忘れないために、街中に竹灯りを。」HOMEY×竹と人【大牟田レポ】

今年で震災から5年目になります。

大牟田では先日断水が起きました。そのことで、震災のことについて考えられた方が多いのではないでしょうか。

大牟田から被災地に向けてできること。

まずは震災のことを考え、想いを込めて「竹あかり」を作ることから始めていきましょう。

The following two tabs change content below.
阿部 将英
フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、元大牟田市地域おこし協力隊。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする