大蛇山に使われる竹の切り出し、安全祈願祭の様子を取材【大蛇山制作現場】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、大牟田ひとめぐり編集長の阿部です。

5月も中旬に入り、大牟田市民の方々は「大蛇山」を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

今年は、一番山である「本宮彌劔神社」さんの制作過程を取材させていただきます。

先日行われた竹切り、神事の様子をご紹介します!

スポンサーリンク
Sponsords Link




制作に使用される竹を切り出し

4月下旬、大牟田のとある山奥。

大蛇山の制作に使用される竹を切りに。

お酒と塩でお祓い。

清める、竹を取らせてもらうという意味合いを込めていらっしゃいます。

みなさんで力を合わせて竹を伐採。

神社の法被を着て、力強く作業に取り組まれます。

切り出して、運び出します。

指示を飛ばされる古賀さん。

真竹を15〜20本程度運び出します。

芯棒に使う孟宗竹

大蛇山の芯棒に使用される孟宗竹を切りに場所を変えます。

なかなか急な斜面。

切り出して、みなさんで運び出されます。

当日切り出された竹。

これに少しずつ息を吹き込んでいきます。

安全祈願祭

大蛇事始め並びに安全祈願祭。

大蛇山を製作するにあたり、山から切り出した竹などの材料と、製作に使う工具をお清めし、製作の安全を祈願するために行われます。

制作開始 

今年の大蛇山の制作も始まりました。

切り出した竹を割いていきます。

割いた竹を整えていきます。

大蛇山製作に必要な「竹」「わら」の確保に苦労した時もあったそうです。

古賀会長をはじめとした、神社の関係者の方々の繋がりで現在も確保できています。

今後の世代にまつりを継承していく上で、この材料の確保も重要なこと。

わらは軽トラックの荷台いっぱいの量が必要(!)

昔はわらの確保に困って、畳屋に無理を言って調達したこともあるそうです。

今は若い世代にも大蛇製作を任せられるようになってきましたが、昔は古賀会長がいないと製作できない時期もあったそうです。

今年の一番山である「本宮彌劔神社」

今後も取材を続けていきますので、お楽しみに!

The following two tabs change content below.
阿部 将英
フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、元大牟田市地域おこし協力隊。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする