大正町さんげん堂オーナーが語る働き方『好きなことをやり続けただけ』【PR】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ライターの幸森です。

あなたは今の仕事をどんな基準で選びましたか?

仕事には収入・待遇・雇用形態など様々な条件があり、何を優先して選ぶかは人それぞれですよね。

私が今回お話を伺った居酒屋『大正町さんげん堂』のオーナー志垣さんは、何よりも『好き』を大切にして今の職業を選ばれていました。

よく「好きなことを仕事にするのは難しい」と耳にしますが、志垣さんはどのようにして『好き』を仕事にしたのでしょうか。

志垣さんが大牟田で飲食店のオーナーになった経緯や、『好き』を仕事にするということ、今後の大牟田での展望などについてお話を伺いました。

スポンサーリンク
Sponsords Link




さんげん堂のオーナーがアルバイト時代に見つけた『好きなこと』

今回お話を伺ったのは、居酒屋『大正町さんげん堂』を営んでいる志垣生野(しがき せいや)さん。

株式会社CheersFactory代表取締役 志垣 生野(しがき せいや)

大牟田市出身。

有明工業高等専門学校を卒業後、飲食の道へ。

2014年、在籍していた会社から現在の店『大正町さんげん堂』を引き継ぎ、オーナーとなった。

志垣さんの経歴をお伺いして一番意外だったのは、飲食業とはかけ離れた有明高専の卒業生だったことです。

なぜ志垣さんは迷わず飲食業の道へ進んだのでしょうか。

志垣さん:

「理由は好きだから、それだけですよ。

学生時代に大牟田の飲食店でアルバイトをしたら、勉強よりも仕事が楽しくて楽しくて。

それから飲食一筋でやってきました。

って言っても、料理はフライドポテトと目玉焼きくらいしか作れないんですけどね。

接客してお客様が目の前で喜んで頂けることが嬉しくて、自分は接客が好きなんだと気付いたんです。

色んなことがオートマチック化されていく中で、飲食店ってすごく人間っぽい場所だと思いませんか?

人と人が会って、語り合って、食事を楽しんで……。

これだけツールが発達した現代で、人が集う場を創り上げられることがすごく幸せなんですよね。」

『好き』を仕事にするということ

志垣さん:

「好きなことで食べていくのは大変だなんてよく言いますけど、好きじゃないことで食べていくのだって大変じゃないですか。

仕事って下手したら40~50年続けていくものなのに。

同じように努力しなければいけないんだったら、僕は好きなことをやり続けようと思ったんです。

子どもの頃は誰でも『ケーキ屋さんになりたい』とか『ラーメン屋さんになりたい』とか、【好きなこと=なりたい職業】になってますよね。

その夢を大人が奪ったらいけないって僕は思うんです。

子どもたちが『好き』を仕事にできる世の中であって欲しいなと。

もちろん『好き』だけじゃ上手くいかないこともあります。

でも素直な心や探求心を持って真面目に取り組めば、きっと上手くいくと思いますよ。

料理ができない僕が飲食店を経営できているんですから。」

大正町さんげん堂の接客『店の都合で考えない』

お客様の笑顔を見るのが大好きだと言う志垣さん。

大正町さんげん堂では『店の都合で考えない』接客を大切にされているのだとか。

志垣さん:

「社員であってもアルバイトであっても、基本的には僕が接客を教えています。

その時に必ず伝えているのが『店の都合で考えない』ということです。

どうすればお客様が喜んで下さるかを第一に考える。

時には店の基本スタイルとは違う選択肢が上がるかもしれません。

そういった時は迷わず『お客様が笑顔になる方』を選択して良いと伝えています。

お客様が喜んで下さると、結果として自分たちにも喜びが生まれるんですよね。

お客様の笑顔が見られたり、ありがとうとおっしゃって頂いたり……。

『数多の乾杯を彩り、最高の乾杯をしよう』

それがうちの経営理念です。」

大正町さんげん堂のこれから

大牟田でスタッフの皆さんと共に数多の乾杯を彩っている志垣さんは、これからどんな展望を描いているのでしょうか。

志垣さん:

「大牟田にはまちのことを想って活動されている方が沢山いらっしゃってすごいですよね。

その姿を見ていたらあまり大きなことは言えませんが、僕も大牟田の飲食店としてできることをやっていきたいです。

今後事業の拡大も予定しているので、小さな店ではあるんですが大牟田の活性化に少しでも貢献出来たらと思います。

大牟田の方が『大牟田にはこんなに良い店があるんだよ』と他のまちの方に紹介して下さるような店で在れたらいいかなと。

それともうひとつ、大牟田で飲食を生業にしたいと思う若い世代の応援もしていきたいです。

飲食業を誇りに想う人を増やしたいんですよね。

なのでうちでは独立を前提にした就職も歓迎しています。

実際にうちから独立した社員も既に数名いますし、僕自身も勤めていた会社から今の店を引き継いで独立したので。

そうやってお店が増えれば、それもまた大牟田の活性化に繋がることだと思いますしね。」

【求人情報】事業拡大に伴い人財募集中!

これから事業を拡大する予定がある大正町さんげん堂では、新しく仲間に加わってくれる人財(材)を募集されています。

あなたも志垣さんと一緒に数多の乾杯を彩ってみませんか?

勤務地:大牟田市大正町

雇用形態:正社員、アルバイト

仕事内容:調理、接客

賃金:正社員 200,000円~/アルバイト 時給820円~(22時以降1025円~)

手当:正社員のみ通勤手当有

賞与:業績に応じて

就業時間:正社員 15時~翌2時のシフト制/アルバイト 18時~翌1時のシフト制

時間外労働:手当有

休日:月5~6日(アルバイトはシフト制)

年齢:問わず

学歴・経験:不問

加入保険:社会保険・厚生年金

問合せ 0944-56-5833(志垣)

取材後記

いつもどうすればお客様が笑顔になれるかを考え、お客様のための店づくりを心掛けられている志垣さん。

「好きなことを続けてきただけ」と何のためらいもなくおっしゃっていましたが、そこにはきっと私たちの想像をはるかに上回る努力の積み重ねがあったのではないでしょうか。

志垣さんは高杉晋作の『おもしろきこともなき世をおもしろく すみなすものは心なりけり』という言葉を座右の銘にされているのだそう。

この言葉のようにどんなことも自分の心次第と捉え、いつでも前向きな姿勢を貫いてこられた志垣さんだからこそ、『好き』を仕事にすることができたのだと思います。

そしてその姿は多くの若い世代に勇気を与えていくはずです。

大正町さんげん堂ではこれからも数多の乾杯が彩られていくと同時に、子どものころに抱いた夢のように『好き』を仕事にする術や意義が受け継がれていくことでしょう。

あなたもぜひさんげん堂で志垣さんの『店の都合で考えない』接客を体感し、素敵な乾杯をしてくださいね。

店舗情報

店名:大正町さんげん堂

所在地:福岡県大牟田市大正町1-8-2

電話番号:0944-56-5833

営業時間:17:00~25:00

店休日:不定休

Sponsoed by 株式会社CheersFactory

The following two tabs change content below.
幸森 彩香
1985年宮崎県出身。地域の魅力を可視化するフリーライターとして活動中。言葉と肉と甘いものをこよなく愛する肉食系文学女子。produced by OmutaTwinkles
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする