荒尾市の万田坑跡でイベント【夜の炭鉱 万田坑のナゾをとけ!】が開催!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大牟田ひとめぐり編集部です、こんにちは。

お隣の荒尾市で開催される謎解きイベントのご紹介です。

スポンサーリンク
Sponsords Link




夜の万田坑で謎解きイベント!

4月27日に開催される『夜の炭鉱 万田坑のナゾをとけ!』は、夜の万田坑が会場です。

2018年度から、荒尾市、福岡大学(福岡・東アジア・地域共生研究所)、熊本大学(松浦ゼミ)の共同事業として実施されている『万田坑の自由な活用プロジェクト』の一環として行われます。

2015年、大牟田市の宮原坑跡や三池炭鉱専用鉄道敷跡、三池港などと共に世界遺産として登録された万田坑。

イベントへの参加を通して子どもたちが地域の歴史に関心を抱くきっかけになるといいですね。

イベントの参加対象は小学1~6年生で、当日発表される混合チームで謎に挑むのだそう。

普段は入れない夜の万田坑で、ドキドキワクワクのイベントになりそうです!

万田坑のナゾを解くにはチームプレーが必須!

謎解きイベントには万田坑の記憶にまつわるストーリーが用意されています。

万田坑が炭鉱マンたちにもらった手紙にはどんなことが書かれているのでしょうか?

参加者に手渡されるのはチームに1本の懐中電灯と万田坑の地図、そしてナゾを解くための重要なマル秘アイテムだけなのだそう。

他校・他学年のチームメンバーとの協力が欠かせないイベントになっているようですね。

コミュニケーションや協力することの大切さも学べそうです。

チームについて

  • 1~6年生までの混合チームで編成
  • おひとり・低学年のお子さんのみの申込みも歓迎
  • チームメンバーは当日発表

イベント概要

開催日:4月27日(土)※小雨決行、雨天中止

時間:18:00~20:00(受付開始17:30)

場所:万田坑敷地内(集合場所:万田坑前芝生広場)

所在地:熊本県荒尾市原万田200-2

対象:小学1~6年生(保護者同伴)

定員:20名 ※定員に達し次第締切

申込締切:4月20日(土)

参加費:無料

主催:夜の炭鉱実行委員会(熊本大学松浦ゼミ)、福岡大学福岡・東アジア・地域共生研究所、荒尾市

申込方法

下記の必要事項を記入の上、メールにて申込み。

  1. 参加するお子様の氏名、生年月日、学校名、学年
  2. 保護者氏名、連絡先(電話番号またはメールアドレス)

メール:yorunotankou2019@gmail.com

大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする