アジサイ寺(定林寺)の歩き方【2019年6月2日時点の開花状況】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大牟田ひとめぐり編集部です、こんにちは。

6月に入りアジサイ寺(定林寺)を訪れる方が増えているようです。

6月8日からのアジサイ祭りに先駆けて、開花状況をチェックしてきました。

初めて訪れる方のために、見どころスポットなども一緒にお伝えします。

スポンサーリンク
Sponsords Link




6月2日時点の開花状況

アジサイ祭りを1週間後に控えた6月2日、開花状況をチェックするために定林寺へ行ってきました。

境内の紫陽花はあちらこちらに咲き誇っていて、今まさに見頃といったところでしょうか。

まだ咲ききっていないところもいくつかありましたが、アジサイ祭りへ行かれる方は6月8、9日頃がより楽しめるかもしれません。

アジサイ祭り2019と朗読会が定林寺(大牟田市)で開催されます
大牟田ひとめぐり編集部です、こんにちは。 毎年大牟田の梅雨を鮮やかに彩っている紫陽花の名所『定林寺』で、今年もアジサイ祭りが開催さ...

アジサイ寺の歩き方

アジサイ寺こと定林寺は中世三池氏の菩提寺。

1199年建立とも言われていて、歴史を感じさせる石塔群や文化財である三池氏の供養塔、大蛇の墓などがあります。

山中にあって自然と共に在る寺なので、虫よけ対策などはしっかりしておきましょう。

また、遊歩道は坂道が多いため歩きやすい格好がオススメです。

本堂をぐるっと囲うように整備されている遊歩道。

紫陽花がたくさん咲いているスポットは割と手前に集中しているようです。

本堂脇に『定林寺あじさい園 山道』と書かれた看板がたっていて、その先には紫陽花のトンネルになっている階段が。

ここを上がって左に曲がってまたすぐ左の脇道に入ると、ぐるりと紫陽花に囲まれるスポットにたどり着きますよ。

この場所は行き止まりになっていますが、遊歩道自体は本堂を囲っているので一周まわって戻ってくることが可能です。

ただ奥の方は道幅が狭かったり坂道が続いていたりするので、足の悪い方や小さなお子さんにはちょっと大変かもしれません。

手前だけ覗いて引き返しても十分楽しめるので安心してくださいね。

迷いそうなポイントには道案内の看板がありますよ。

本堂から眺められる磊庭は、アジサイ祭りの期間中(2019年は6月8日~16日)のみ開放。

ぜひアジサイ祭りで期間限定の眺めを楽しんでくださいね。

アジサイ祭り2019と朗読会が定林寺(大牟田市)で開催されます
大牟田ひとめぐり編集部です、こんにちは。 毎年大牟田の梅雨を鮮やかに彩っている紫陽花の名所『定林寺』で、今年もアジサイ祭りが開催さ...

スポット情報

所在地:大牟田市今山1878

駐車場:あり(ただし台数に限りがあります)

拝観料:無料

交通アクセス:大牟田駅からバスで18分。大牟田駅前バス停より行先番号10番普光寺行きに乗車し、終点普光寺にて下車。普光寺バス停より徒歩12分。

大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする