SOYA PARTY/NPO法人街にいき隊代表 尾崎さんが大牟田に!お話を聞いてきました【大牟田レポ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、大牟田ビンテージのまち 株式会社さん主催の

【北海道のまちづくりを実践するまちのしかけ人と話す商店街のこと】

が開催されたので、参加してきました。

10373827_1730773813803568_9184967903898696588_n

当日会場でつぶやいたツイートを中心にイベントの様子をお伝えして行きます!

尾崎さんのプロフィール

【尾崎さんプロフィール】
北海道の稚内を中心にまちづくりの活動を行う尾崎さん。平成19年に稚内駅の中心地にある商店街にあるペットショップの経営を受け継いだ。ところが、そこで待ち受けていたのは「かつて自分がいた頃にはなかった閑散とした街」だった。「いま何かをしなければ街がなくなる」そんな危機意識を感じ、大好きな仲間達と元気な街を創るべく『街にいき隊』を結成。『街に行きたい』、『街で生きたい』と言ってもらえる地域づくりをしようという想いが込められている。
その後、商店街でストリートバスケットボール大会や、ミニ動物園、商店街でビアガーデンなどさまざまな活動をはじめる。また東京でデザイナーとして活躍する弟と連携し、稚内の魅力をまとめた情報誌制作を行い、活動拠点となる場作りや、情報発信基地やギャラリーなどを開設。NPO法人化し、宗谷総合振興局からの受託事業として宗谷の地域資源発掘し、発信するための事業として「SOYA PARTY」の活動を開始。地元の稚内だけでなく宗谷地域という広範囲のエリア内の協力者とともに連携して宗谷地区の魅力を発信している。

【SOYA PARTYとは】
「みんなでつくる、みんなのそうや」を合い言葉に、宗谷10市町村(稚内市、猿払村、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、豊富町、礼文町、利尻町、利尻富士町、幌延町)の情報を収集し、宗谷の冊子の制作や、イベントを行いながら宗谷地区の魅力を発信する活動を実施しています。

http://soyaparty.com/
http://www.facebook.com/soyaparty

Facebookページより引用

スポンサーリンク
Sponsords Link




もともと地元は好きじゃなかった

事前説明として、大牟田での活動を紹介されました。

大牟田単体で観光客を呼び込むのではなく、周辺地域の魅力も使って呼び込む。

ゲストハウスなどができてくると大牟田楽しいことになりそうです。

空き家改装して、やりたいな〜。

北海道て広いですもんね。

意外!

仕事があるから、帰って来たということだったんですね。

「商店街に来る理由」を考えることは重要ですね。

尾崎さんはペットショップを経営されています。

「街にいき隊」で商店街に人を集め、売り上げを上げるのはそれぞれのお店で頑張るという棲み分けになったとのこと。

商店街の空き施設を自分たちで綺麗に。

当時はDIYといったおしゃれな言葉もなく、自力でやっていたそうです。

活動拠点を作られています。

SOYA PARTY

個人的には、メディアを運営しているのでこちらの話がとても興味がありました。

各エリアにメンバーがいて、それを吸い上げてSOYA PARTYで発信。

田舎に行けば行くほど、デザインが重要。

「大牟田ひとめぐり」も、もっとデザインを頑張らないといけないですね。

写真にもこだわっていらっしゃいます。

自分たちの街がどうなりたいかを考えていく。

個人的には、創業の街大牟田にしたいですね。

大学生を連れてきて、コラボ。

アイデアを出し続ける尾崎さんの元には自然と人が集まるのかなと感じました。

チームでやっているからこそ、ペットショップを経営されている尾崎さんが本を出せた。

チームとして取り組む。

お話を聞いて

SOYA PARTYを運営されていて、そちらのお話を聞きたくて今回参加しました。

宗谷地区の魅力を伝えるためにデザインや写真など、一つ一つのクオリティが高く参考になることばかりでした。

利尻自然ガイドサービスの動画ですが、とても日本とは思えません。

やっぱり北海道はでかいなぁ。

The following two tabs change content below.
阿部 将英
フリーライター・メディアディレクター。 『大牟田ひとめぐり』編集長。1990年生まれ、元大牟田市地域おこし協力隊。
大牟田ひとめぐりとは?
このサイトについて:大牟田ひとめぐりとは?
Facebook
Twitter

Instagram
Instagram
スポンサーリンク
Sponsords Link




Sponsords Link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする